スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

 地方からの文化発信の夢を語りながら、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作の企画を立ち上げたのは、今から数えるなら3年前のことでございました。
 時代の閉塞感が語られる様になってしまった現代社会に、≪支え合う人の心のやさしさ≫と≪お菓子の持っている不思議な力≫を心やさしく語るこの作品は、きっと時代の未来を拓く大きな力となると思ったからでございました。
 この作品の舞台にぴったりの、まさに昭和の情景がいっぱいの宮城県に撮影地を設定、宮城県民はこの製作を大きな喜びで迎えてくれました。
 県知事を先頭に、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作と上映を支える宮城県民の会を結成し、約一年半にわたる大きな製作支援の県民運動でこの製作を支えて下さったのでした。
 不足する製作経費の募金活動、若い学生たちのオープンセット制作への参加、そして、総計570名にのぼった県民エキストラの出演・・・、製作支援の県民運動は全県に広がり、本年2月、無事この作品はこの世に生を受けることとなったのでした。
 そして3月10日、全国発信の第一歩として設定した、東京での完成披露試写会の会場は、700名の参加者で埋まり、上映終了後、会場を包んだ満場の拍手は、まさに宮城県民の夢の全国発信への号砲のようにも聞こえていたのでした。

 しかしながら、そんな夢も翌日には暗転することとなります。
 東北を中心に東日本一帯を襲った大惨禍は、宮城県に大きな被害をもたらしたのでした。

 この作品のメインロケ地は、石巻市でした。
 ロケ隊は30日間にわたって石巻に泊まり、市民と交流を深め合いながら製作を続けて来ました。
 一瞬の津波は、そんな石巻を破壊し尽してしまったのでした。
 映画に描かれた美しい情景は既になく、夢を語りながらこの製作に参加した多くの市民も被災されました。
 4月23日から予定していた宮城県での全国先行上映は、到底実現できる状況ではなくなってしまいました。
 夢を絶たれた私たちは、しばらくは呆然として立ち止まっていました。
 そんな私たちのもとに、全国から大きな励ましの声が届けられてきたのでした。

   「 この映画の心は、≪支え合う人の心のやさしさ」だった。
     今、この心は、日本国中で求められるようになった。
     私たちの町でも上映して、この心を地域の方々に語りなが
     ら、被災地支援の心の輪として拡げてゆきたい・・・。 」

 こんな温かいお声が、まさに次から次へと私たちのもとに届いて来たのでした。
 こんな声に支えられるようにして、私たちはもう一度立ち上がってみようと思ったのでした。

 これから始めようとするブログは、被災地と全国とをつなごうとしたもう一つの「お菓子放浪記」なのかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。