スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県オープニング上映会

 8月13日、行く夏を惜しむ様なセミの大合唱に包まれた静岡市民文化会館は、映画の公開を待ちわびた心やさしき市民の行列に囲まれて居ました。
 いよいよこの日から、静岡県下一円にわたる上映運動のスタートが切られたのでした。

 この作品の静岡県での上映運動実現が決まったのは、昨年10月、撮影も佳境にさしかかった石巻のロケ地でのことでした。
 静岡にご在住の原作者西村滋先生とその心やさしきお仲間の方々は、バス一台を仕立てて遠路石巻のロケ地にツアーを組んでくださったのでした。
 現地でのスタッフ・キャスト、そして石巻市民との交流を経て、完成後の上映県民運動実現がこの場で誓い合われたことは、しごく当然の結論だった様にも思えたのでした。

 そして、それから10ヶ月の時間が流れていきました。
 3月11日の大惨禍も、この方々の上映成功への決意を鈍らせることはありませんでした。
 上映の実現と、その先に語ろうとする夢は、多くの県民の共感となって県内に拡がり、この日のオープニング上映実現となったのでした。
 この記念の日に、願ってもない素晴らしいゲストが会場を訪れてくださったのでした。
 亀山紘石巻市長さんでした。
 この映画の上映を通して、被災地を、そして石巻を支えようと願う全国の方々への深い感謝を携えて、ご多忙なスケジュールを縫っての来静となったのでした。
 心を込めて語られた亀山市長さんからの感謝のメッセージは、会場を一杯に埋めた観客の胸に沁み込む様に伝わっていったのでした。


   亀山市長さん本当にありがとうございました。

   そして、静岡県のみなさん。
   手と手を横につないで、今日始まったこの運動をさらに大きな輪
   として育て上げて下さい・・・。
スポンサーサイト

諏訪の若者たち

 前日までの札幌から東京に戻り、この日は中央線の特急あずさ号に身をゆだねて信州へ。
 諏訪二葉高校の学生たちが中心になって計画した「エクレール・お菓子放浪記」上映のプレイベントに講師として呼ばれての諏訪訪問でした。
 事の発端は、諏訪二葉高校の学生たちが諏訪市とご縁のあった石巻市への支援活動に乗り出したことが始まりでした。
 若者たちは立ち上がり、市民に呼びかけ、心からの支援の物資を石巻市へ送る活動を展開して居た時、この映画のことを知り、何とか上映を実現して更に大きな支援の心の輪を町の中につなげようと思ったのでした。
 こんな若者たちの真摯な眼差しに、同窓会はじめ共感する市民が手を合わせ実行委員会を結成、上映の計画が練られ、そのプレイベントとしてのこの日の講演会となったのでした。

 高校生たちの透き通った「お菓子と娘」の合唱でこの会は幕開けとなりました。
 「エクレール・お菓子放浪記」を製作し、現代社会を生きる多くの方々の胸にこの作品を届けようと思った契機、そして、この作品の上映を通して私たちが語ろうとした二つの大きな夢。
 映画の完成、そして夢にも描くことのできなかった大惨禍。
 震災からの復興への願いと、これを支えようとした全国の数多くの方々の上映成功への願い・・・。

 約一時間にわたった私の話を、高校生たちは真剣な眼差しで受け止めてくれたのでした。

 曇りの無い瞳で、“人の世の幸せ”を見つめようとする若者たちの熱い視線を背に、心地良い疲労の体を帰仙の列車にゆだねたのでした。
 君たちの未来も輝けるものであれ! と心から願いながら・・・。

7月30日

 あの大惨禍から4ヶ月余。
 長らく中断していた宮城県上映会が、この日の仙台を皮切りに再開しました。
 当初は、4月23日を初日に、仙台=桜井薬局セントラルホール、石巻=岡田劇場、を会場に全県にわたる上映が始まることになって居たのでした。
 着々とその準備を進め、いよいよ発信直前の大震災・・・。
 しばらくは、上映再開の日が訪れることまで想像できない思いでありました。
 しかしながら、“この作品の上映を通して、被災地を心で支えよう・・・”
 こんな全国の心やさしい人々の願いは、被災地を励まし、勇気づけてくれたのでした。
 そして、そんな全国の声に支えられるようにして迎えた今日の再開第一日目でした。
 お忙しいスケジュールをぬって、当日は監督をはじめとして、出演の林隆三さん、吉井一肇君もかけつけて下さり、宮城県から選ばれた出演者ともども舞台に勢ぞろい、にぎやかな、そして喜びに包まれた再開初日となりました。
 石巻、そして津波被害の市町は、多くの困難を抱えながら復興に向けた歩みをおこし始めています。
 メインロケ地となった石巻で、市民と共に上映再開を喜び合う日が来ることを願いながら、仙台上映再開の舞台あいさつに立ったのでした。
 “今日はゴールではなく、新たなスタートなのだ・・・”
 と自らの胸に語りながら・・・。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。