スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

 地方からの文化発信の夢を語りながら、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作の企画を立ち上げたのは、今から数えるなら3年前のことでございました。
 時代の閉塞感が語られる様になってしまった現代社会に、≪支え合う人の心のやさしさ≫と≪お菓子の持っている不思議な力≫を心やさしく語るこの作品は、きっと時代の未来を拓く大きな力となると思ったからでございました。
 この作品の舞台にぴったりの、まさに昭和の情景がいっぱいの宮城県に撮影地を設定、宮城県民はこの製作を大きな喜びで迎えてくれました。
 県知事を先頭に、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作と上映を支える宮城県民の会を結成し、約一年半にわたる大きな製作支援の県民運動でこの製作を支えて下さったのでした。
 不足する製作経費の募金活動、若い学生たちのオープンセット制作への参加、そして、総計570名にのぼった県民エキストラの出演・・・、製作支援の県民運動は全県に広がり、本年2月、無事この作品はこの世に生を受けることとなったのでした。
 そして3月10日、全国発信の第一歩として設定した、東京での完成披露試写会の会場は、700名の参加者で埋まり、上映終了後、会場を包んだ満場の拍手は、まさに宮城県民の夢の全国発信への号砲のようにも聞こえていたのでした。

 しかしながら、そんな夢も翌日には暗転することとなります。
 東北を中心に東日本一帯を襲った大惨禍は、宮城県に大きな被害をもたらしたのでした。

 この作品のメインロケ地は、石巻市でした。
 ロケ隊は30日間にわたって石巻に泊まり、市民と交流を深め合いながら製作を続けて来ました。
 一瞬の津波は、そんな石巻を破壊し尽してしまったのでした。
 映画に描かれた美しい情景は既になく、夢を語りながらこの製作に参加した多くの市民も被災されました。
 4月23日から予定していた宮城県での全国先行上映は、到底実現できる状況ではなくなってしまいました。
 夢を絶たれた私たちは、しばらくは呆然として立ち止まっていました。
 そんな私たちのもとに、全国から大きな励ましの声が届けられてきたのでした。

   「 この映画の心は、≪支え合う人の心のやさしさ」だった。
     今、この心は、日本国中で求められるようになった。
     私たちの町でも上映して、この心を地域の方々に語りなが
     ら、被災地支援の心の輪として拡げてゆきたい・・・。 」

 こんな温かいお声が、まさに次から次へと私たちのもとに届いて来たのでした。
 こんな声に支えられるようにして、私たちはもう一度立ち上がってみようと思ったのでした。

 これから始めようとするブログは、被災地と全国とをつなごうとしたもう一つの「お菓子放浪記」なのかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

奈良市試写会

 年が明けて初の試写会は1月13日、あの大惨禍から10ヶ月を経た斑鳩の里奈良市で行われました。
 奈良市での上映開催要請で、仲川奈良市長とお会いしたのは、昨年10月のことでした。
 若さいっぱいの仲川市長は、この映画が語るであろう“心やさしき支援の心”に有難いことに心から感銘して下さり、自らが上映実行委員会会長をお引き受けになって、実行委員会を発足させ、被災地と奈良市民の心をつなぐ上映運動を立ち上げて下さったのでした。
 昨年12月2日に発足した実行委員会では、市長をはじめとして趣旨にご賛同の市内各団体の方々がお集まりになり、この上映運動が語るであろう夢の実現について論議を重ねたのでした。
 そして、その論議の中で決定した上映日程は本年3月。
 あの大惨禍から一年、この上映を通してもう一度あの日の出来事を振り返り、忘れずに支え続ける心を語るべく、震災から一年を経た本年3月に5,000人の奈良市民の心をつなぐ運動として、実行委員会はそのスタートを切ったのでした。
 そして、成功への大きな足がかりとして設定されたのが、この日の試写会であったのでした。
 当日は、開会を待ちわびた市民が早くから会場に足を運び、試写会開会時には、700名の市民が会場を埋めたのでした。
 仲川奈良市長の力強い、そして被災地への心のこもったご挨拶が、会場の心を一つにし、上映終了後は満場の拍手が奈良市民の上映成功への決意の様にも聞こえていたのでした。
 あの大惨禍から10ヶ月、この映画を通した被災地支援の心は、更に勢いを増して国中に拡がろうとしているのです。

もう一つの嬉しい受賞

 11月3日、風薫る文化の日に、撮影地となった富谷町からシネマとうほくへの嬉しい賞を頂戴致しました。
 映画の撮影を通して<富谷町しんまち地区>を活性化した、として町から受賞することとなった“富谷町功労者表彰”がこの賞です。
 当日は、各界の受賞者と町の関係者150名程が中央公民館に集い、町長さんから嬉しい賞状を授与されたのでした。

 限られた予算で製作を強いられた今回の撮影にあたって、最大の関門は、戦争の街並みと焼け跡、そして戦後の闇市のシーンでした。
 このシーンを全てセットで組みますと、とても予算には収まらないのです。
 それでも、このシーンを撮れるロケ地がきっと宮城県の中にあることを信じ、私と監督は県内を巡っていました。
 そして、そんな折に偶然に「発見」したのが、富谷町の市街地にそっと横たわっていた醤油工場の跡地でした。
 監督は、狂喜乱舞・・・。
 ここを使えば、課題のシーンが全て撮れる・・・。
 そして更に、いしだあゆみさん扮するフサノばあさんの自宅にぴったりの民家もその隣に見つかり、この映画の撮影は無事クランクインを迎えたのでした。
 それ以降、心やさしい富谷の方々は、町長さんを先頭に私たちを支え励まし続け、作品は無事クランクアップを迎えることとなったのでした。
 こんな富谷町から、私たちシネマとうほくが授かったこの賞は、私たちと富谷町民の心の交流の足跡として、会社の歴史に刻みつけられたのでした。
 富谷町の皆さん、お世話になりました。
 そして、本当に有難うございました。

海の向こうから吉報が届きました

 秋も深まった仙台に、海の向こうから素晴らしい便りが届きました。
 中国最大の映画祭と云われる「第20回金鶏百花映画祭」国際映画部門で主役の吉井一肇君が何と主演男優賞を受賞した知らせでした。
 この受賞は、2008年の「おくりびと」本木雅弘さん以来、日本人では二人目の受賞となりました。
 現地へ参加していた製作委員会のメンバーからの連絡によりますと、とにかく巨大な映画祭とのこと、オープニングセレモニーに設えられたステージの横幅は100メートル、そしてここに集まった人々何と40,000人、更にこの様子は中国全土にテレビ放送された、とのことでした。
 一肇君の笑顔がはじけた快挙でありました。
 吉井一肇君、素晴らしい少年なのです。
 役者としての天性とも云える感性と、人の心を揺り動かさずにはおかない透き通った歌声に魅せられてこの役に彼を起用したのは、クランクインを目前に控えた頃のことでした。
 役者魂を貫こうとする彼は、30日に及んだ石巻でのロケに、両親から離れ一人で挑み、そして見事にやり遂げたのでした。
 しかし、3月11日石巻を襲った大惨禍は、彼の胸を痛めることにもなりました。
 石巻で彼を支えてくれた多くの方々が被災し、悲惨な状況に置かれることに・・・。
 この事実は彼を幾重にも苦しめることになったのでした。
 しかし、彼は一人でも多くの方々にこの映画を観ていただくことが、被災地で精一杯生きようとする方々の支えになることを確信し、全国のキャンペーンに駆け回ったのでした。
 そして、この受賞。
 この栄冠は、彼の喜びであるだけでなく、被災地でその未来に向けてもう一度歩みを起こそうとする多くの被災者の方々の、復興への足がかりともなるものと思うのです。
 精一杯努力を重ねた一肇君に、神様はその最後に大きな贈り物を用意していてくれた様です。

石巻市上映の再開がスタートしました!

 嬉しい便りが全国を駆け巡りました。
  3月11日の大惨禍から半年余が経過した宮城県石巻市に、あの「エクレール・お菓子放浪記」がやっと帰って来たのは、風強くともきれいに晴れあがった9月28日のことでございました。
  震災直後の惨状からは、訪れることなどないとさえ思えた上映再開を実現させたのは、この日を待ち望んだ多くの市民の、粘り強い論議の結果でした。
  当日は、上映再開を喜んだ250名の市民の方々が会場に足を運び、東京と静岡からは、これもこの日を心待ちにしていた原作者西村滋さん、出演のいしだあゆみさん、吉井一肇君が予定をやりくりして訪れてくださり、共に上映の再開を喜び合ったのでした。
 しかしながら、震災の傷跡は未だ人の心に生々しく残り、当日会場には、エキストラとしてご出演になったお嬢様が津波でお亡くなりになられ、その姿との再会を願っておいでの方も・・・。
 心を込めて見つめるスクリーンが観客の涙でくもり、上映終了後一肇君の歌う「お菓子と娘」の歌声は、あくまでも澄み切って人の心に沁み込んで行ったのでした。
  歌い終った一肇君の目には涙があふれ、私も声をつまらせ・・・。
  参加者の心は、街の復興への願いで大きく一つにつながって行ったのです。
  種はまかれました。
  皆の力を一つに合わせて、この地にもう一度、大きな花を咲かせるため、一層の努力を胸の内に誓った「出発式」でありました。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。