スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

 地方からの文化発信の夢を語りながら、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作の企画を立ち上げたのは、今から数えるなら3年前のことでございました。
 時代の閉塞感が語られる様になってしまった現代社会に、≪支え合う人の心のやさしさ≫と≪お菓子の持っている不思議な力≫を心やさしく語るこの作品は、きっと時代の未来を拓く大きな力となると思ったからでございました。
 この作品の舞台にぴったりの、まさに昭和の情景がいっぱいの宮城県に撮影地を設定、宮城県民はこの製作を大きな喜びで迎えてくれました。
 県知事を先頭に、映画「エクレール・お菓子放浪記」製作と上映を支える宮城県民の会を結成し、約一年半にわたる大きな製作支援の県民運動でこの製作を支えて下さったのでした。
 不足する製作経費の募金活動、若い学生たちのオープンセット制作への参加、そして、総計570名にのぼった県民エキストラの出演・・・、製作支援の県民運動は全県に広がり、本年2月、無事この作品はこの世に生を受けることとなったのでした。
 そして3月10日、全国発信の第一歩として設定した、東京での完成披露試写会の会場は、700名の参加者で埋まり、上映終了後、会場を包んだ満場の拍手は、まさに宮城県民の夢の全国発信への号砲のようにも聞こえていたのでした。

 しかしながら、そんな夢も翌日には暗転することとなります。
 東北を中心に東日本一帯を襲った大惨禍は、宮城県に大きな被害をもたらしたのでした。

 この作品のメインロケ地は、石巻市でした。
 ロケ隊は30日間にわたって石巻に泊まり、市民と交流を深め合いながら製作を続けて来ました。
 一瞬の津波は、そんな石巻を破壊し尽してしまったのでした。
 映画に描かれた美しい情景は既になく、夢を語りながらこの製作に参加した多くの市民も被災されました。
 4月23日から予定していた宮城県での全国先行上映は、到底実現できる状況ではなくなってしまいました。
 夢を絶たれた私たちは、しばらくは呆然として立ち止まっていました。
 そんな私たちのもとに、全国から大きな励ましの声が届けられてきたのでした。

   「 この映画の心は、≪支え合う人の心のやさしさ」だった。
     今、この心は、日本国中で求められるようになった。
     私たちの町でも上映して、この心を地域の方々に語りなが
     ら、被災地支援の心の輪として拡げてゆきたい・・・。 」

 こんな温かいお声が、まさに次から次へと私たちのもとに届いて来たのでした。
 こんな声に支えられるようにして、私たちはもう一度立ち上がってみようと思ったのでした。

 これから始めようとするブログは、被災地と全国とをつなごうとしたもう一つの「お菓子放浪記」なのかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

製作と上映を支える宮城県民の会が閉会総会を迎えました

 

この映画の企画が始まったのは4年前、そして地方からの文化発信の夢を語りながら<映画「エクレール・お菓子放浪記」の製作と上映を支える宮城県民の会>が発足したのは、ちょうど2年前のことでした。

映画館が、大都市にのみ偏在し、都市と地方との格差が決定的になってしまった現代社会に、地方からの文化発信の灯を掲げた<県民の会>は、県知事を先頭にその運動のスタートを切ったのでした。

幸い、こんな願いは県民共有のものとなり、夢の実現に向けた歩みは、全県に大きく拡がって行きました。

  県内各地に、市町村毎の支援の組織が作られてゆき
   ました。

  不足する製作費を応援しようと、石巻では会の皆さまが街頭に立ち募金活動を行って下さいました。

  映画制作現場へのご支援も相次ぎました。

   若い大学生たちの手による美術制作現場へのご支援は、現場の美術スタッフも脱帽する程、見事なものでございました。

   そして県民こぞってのエキストラとしての映画出
   演・・・。

夢を語りながらこの輪に参加した県民の総数は、1,000名を超えるまでになったのでした。

そして完成、試写会を経た全国への発信・・・。

その直前に東日本一帯を襲った大惨禍は、これらの宮城県民の夢も打ち砕いたかに見えたのでした。

それでも宮城県は負けてはいませんでした。

この映画の上映を通して、被災地を支えようとした全国の心やさしい手に支えられ、昨年7月には数々の困難を乗り越えて、宮城県上映を再開したのでした。

そして、本年3月の上映終了に至るまで、この再開された全県上映会に参加した県民の数は約38,000名を数えるまでに育っていったのでした。

この上映に参加した県民から、数多くの感動の声が届けられて来ました。

“あの美しかった、そして平和だった宮城の情景を取り戻すため、もう一度心を一つに合わせて頑張ってみよう”と・・・。

73日、2年前の発会総会と同じホテルメトロポリタン仙台で開催された閉会総会には、村井県知事をはじめ数多くの参加団体、ご支援者、そしてご協賛社の方々が集まり、数々の困難を乗り越えて、県民の心を一つに合わせて辿ってきた道に印された貴い足跡について誇り高く語り合ったのでした。

 

宮城県民の会は一つの区切りを迎えましたが、私たちの夢はまだ終わっていません。

この上映の輪を更に大きく全国に、そしてまだ上映を実現できない被災地にもお届けするため、そしてこの上映を通した被災地支援の心を全国につなぐため・・・。

私たちの道は、まだまだその先に続いている様です。

盛岡営業所の15年の歴史を閉じました

 

629日、盛岡の送別の会場には、盛岡営業所の閉所と、長年盛岡営業所長として岩手の上映運動の先頭に立って来た中山通子さんの勇退を惜しむ心やさしい人々が集いました。

中山さんは、私たちの会社の一つの象徴でもありました。

まるで男性の様な豪放さと、女性特有の細やかな気配りを見事に一つに合わせた、まさに稀有なキャラクターを持った女性でございました。

シネマとうほく発足からの主要なメンバーであり、年齢を感じさせないエネルギッシュな仕事で、岩手に数々の見事な足跡を拓いて来た人でした。

   シネマとうほく製作第一回作品「アテルイ」の製作
   運動。

   テレビ局、新聞社と手をつないだ全県上映運動の定
   着化。

   そして、一戸町を舞台に製作された「待合室」での
   県内観客
7万人の実績。

数え上げれば切りのない程、数多くの見事な足跡を県内の映画運動の歴史に刻んで来た人でありました。

しかしながら、年齢は一年一年確実にその数を増し、本人からの申し出もあり、残念ながらこの夜の勇退となったのでした。

当日は、これまで彼女を支えてくれた多くの方々が会場に集い、彼女のこれまでの素晴らしき仕事が交々に語られ、心やさしい送別の会となりました。

中山さん、本当にご苦労様でした。

あなたのこれまでの辿ってきた足跡を引き継ぎ、岩手の映画運動に更に確かな道を拓いてゆきます・・・。

東京支社(シネマ・ポラン)開設しました

 

311日の大惨禍は、直接の被災地に止まらずに、東北各地に、そして東北の人々の暮らしにも、大きな影響を与えることとなりました。

私たちシネマとうほくもこの例外ではありませんでした。

あの日以来、私たちはその上映が実現できなくなってしまった東北から首都圏へ、そして全国へ、映画「エクレール・お菓子放浪記」を携えて東北支援の上映を願う旅に旅立ったのでした。

そして、あれから一年。

この上映の輪は、幸いにも大きく拡がり、その結果として、この足跡は日本映画に新たな配給上映の道も拓くことになったのでした。

映画界の多くの方々から、劇場公開のみによらない、そして地域の方々と手を携えたこの新たな上映運動の道を更に確かなものとして拓いて欲しい・・・。

こんな願いも語られる様になってきたのでした。

そして、そんな声に押される様にして私たちは、新たな決断を下すことになったのでした。

本年4月、東京に新たな拠点を構え、ここを起点に全国に向けて新しい配給上映の仕組み作りに挑戦することとなったのでした。

こんな私たちの夢の実現をご支援して下さったのが、㈱シオザワの塩澤社長様でした。

自らがお持ちのビルの一角に、破格の条件で事務所スペースをご提供して下さったのでした。

これも、東日本大震災被災地支援のお心でございました。

新たにスタートする東京支社の愛称は、シネマ・ポラン。

宮澤賢治の心を胸に、私たちの未来に向けた夢は新たな扉を開いた様です。



シネマ・ポラン(東京支社)

     〒104-0043 東京都中央区湊3-4-11 4030ビル

      TEL03-5540-9051

 

 

 

 

 

あれから一年

 あの大惨禍から、一年の時が流れてゆきました。

 この日を私は金沢で迎えました。

 金沢ゾンタクラブの皆さんが中心となって、あの惨禍を忘れずにいつまでも語り続ける願いを込めて3月10、11日両日にわたっての上映を企画して下さり、更にこの記念の上映会に、映画にご出演の高橋惠子さんがお忙しい中足を運んで下さり、私も金沢訪れたのでした。

 早いものであれから一年・・・。

 苦難の道だった様にも思いますが、まるで一瞬のうちに過ぎ去った時間だったようにも思われるのです。

 とにかく何かにつき動かされる様に脇目も振らずにこの映画を携えて全国を走り続けて来た一年でした。

 幸いこの映画を通して被災地を支えようとする願いは全国に大きく拡がることとなり、今年の夏には上映ヶ所は600ヶ所、観客数は50万人に届こうとしています。

 しかも、この600ヶ所のうち、映画館は何と18スクリーンのみ、それ以外のほとんどの上映は、この作品の上映を通して被災地を支えようと立ち上がった方々が自主的に実行委員会を結成し、復興の願いを込めて奔走され作り上げた上映会だったのでした。

 支え合う人の心が見事な一つの輪となってつながった50万人の願いでもあったのでした。

 あの震災で私たちは貴い多くの犠牲を強いられることとなりました。

 それを引き換えにするようにして、国の隅々に「支え合う人の心のやさしさ」があることも知らされたのではなかったでしょうか。

 上映の動きは更に大きく拡がろうとしています。

 被災地の復興の願いを込めた私の行脚は、まだまだその先に続いてゆきそうです。

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。